中央税理士法人トップ > 経営者の方向けサービス
料金のご案内
営業日カレンダー
中央税理士法人は経営革新等支援機関に認定されています 中央税理士法人の社会貢献活動 TKC JDL FreeWay Japan その他会計ソフトにも幅広く対応しております ミラサポ! 国税庁
経営者の方向けサービス
①会計税務顧問
②税務申告
③記帳代行
④税務調査対策
⑤自計化支援
⑥給与計算

当税理士法人の行う会計税務顧問は、毎月訪問させていただく「月次訪問監査」を基本としております。月次訪問監査を行うことにより、お客様自身が、自社の行う事業の現状や問題点を常に把握しておくことが可能となり、「つぎにするべきことは?」「いま改善するべきところは?」にいち早く対応することができます。また、節税(タックスプランニング)、税務リスク低減、資金繰りなどに対しても、経験・知識・ノウハウから導かれた最良のアドバイスをさせていただきます。

当税理士法人の行う税務申告は、申告書を作成するだけではありません。
本来、申告に対する条件が同一であれば、どの税理士が税額計算をしても結果は同じになります。ところが、普段行っている記帳の段階や、取引を行う段階でお客様からご相談・ご連絡をいただくことにより、適正適法な節税に対するご提案を行うことが可能になります。お客様とのコミュニケーションを大切にすることにより、内容の濃い、お客様の発展につながる「税務申告」を目指しています。

記帳代行とは、お客様の証憑をお預かりし、これに基づき仕訳・記帳作業を行い、総勘定元帳・試算表・財務分析表等を作成することです。ほとんどの会社では、経営者の方や経理担当者が毎日の取引の入力を行っていますが、会計ソフトへの入力は、ただ面倒なだけでなく、簿記の知識を必要とするため、実はとても難しい作業です。
記帳を当税理士法人に任せていただくことで、お客様は事業に専念することができ、帳簿は間違えのない正確なものを作成することができます。

税務調査は納税者の申告内容が正しいかどうかをチェックするために、国税局や税務署が行う調査のことです。定期的に行われる任意調査がほとんどですが、企業を経営していくうえで、税務調査は避けては通れないでしょう。
当税理士法人では、申告時に委任状を提出することによって税務調査の窓口を引き受けます。お客様に代わって税務当局に代弁し、立証、主張、調整、交渉することで、税務調査に対する心理的不安を解消いたします。

自計化とは、領収書や請求書などの原始伝票の整理から帳簿記帳、仕訳入力といった経理事務までを税理士事務所や会計士事務所に委託せずに、自社で行う取り組みです。
自計化することで、経営状態を即座に把握・管理でき、経営判断を迅速に行うことができます。会社の経理処理・帳簿作成の状況、経理担当者の能力及び経営者の経理情報ニーズに適合した会計システムのご提案、導入支援を行います。

当税理士法人は、お客様の給与規定に合わせてロジック(規定に基づく日割り、通勤費、遡及など)を設定し、月次給与計算、賞与計算、年末調整を行います。
一般的に「給与計算業務」には毎月の給与計算、賞与計算、年末調整、住民税徴収額更新などが含まれます。専門的ながら非生産的な「給与計算業務」を当税理士法人に委託することで、コストを削減し、自社の中心的な業務に専念することを目的とします。