中央税理士法人トップ > 起業・開業をお考えの方へ
料金のご案内
営業日カレンダー
中央税理士法人は経営革新等支援機関に認定されています 中央税理士法人の社会貢献活動 TKC JDL FreeWay Japan その他会計ソフトにも幅広く対応しております ミラサポ! 国税庁
起業・開業をお考えの方へ

いま、起業を考えていらっしゃる方が増えています。しかし、いざ設立となると目的に合った法人形態の選定から始まり、資金繰り計画や、登記申請や税務署等への会社設立関連の提出書類作成など様々な知識を必要とする為、躊躇する方が多いのではないでしょうか。また、創業時には知らなければ損をするポイントがたくさんあるのも事実です。
まずは当税理士法人へご相談ください。

①個人事業or法人

起業には、個人で開業する場合と法人を設立する場合がありますが、以下の様にそれぞれメリット、デメリットがあります。各々のメリット、デメリットを考慮して、起業する方法をご検討ください。

①費用が安い
②手続きが簡単
(税務署に開業届出を出すだけ)

①法人と比べて対外的な信用を得られない
②借入が出来ないことが多い
③事務所を借りることが難しい

①対外的な信用が得られる
②設立後2期の間、消費税がかからない場合
 がある
③事業継続・事業承継がスムーズ

①設立、維持に費用がかかる
②手続きが煩雑

②法人の種類と特徴

日本において一般的な法人の種類としては、「株式会社」と「合同会社」があります。以下の様にそれぞれメリット、デメリットがあります。各々のメリット、デメリットを考慮して、法人の種類をご検討ください。

1.株式会社 メリット

①対外的な信用が高い
②通常の取引で制限されない可能性が高い

デメリット

①設立費用が高い
②株主総会、取締役会など機関設計、運営が煩雑

2.合同会社 メリット

①設立費用が安い
②株主総会、取締役会など機関設計、運営が簡素
③設立手続きが簡単(定款も簡素化が可能)
④利益の配分等について柔軟な設計が可能

デメリット

①株式会社に比べて認知度がないため、対外的な信用は低い
②相手が株式会社との取引を希望する場合、一定の取引が制限される